“誰も知らない”外注費を単価交渉された時の正しい対処方法!

交渉
 

世界一わかりやすい

“アフィリエイト外注化”の

スペシャリストのMr.Fです。

 

 

今回は、外注化を進めていると

必ず悩むところであろうポイント

解説してきます。

 

 

これから外注をするぞ!

 

っていうような方には

必見の内容ですよ^^

 

 

 

今回のお伝えする内容は、

 

『案件を依頼した際に

スタッフ様の方から、

単価を上げて欲しいと

連絡が来た時の対処方法』

 

についてです。

 

 

 

この場合の対処方法を

結論から言うと。

 

 

『提示した単価で受注してくれる

別のスタッフを探してください』

 

 

 

「でも、せっかく受注してくれそうな

人を見つけたからな~」

 

 

 

って思っている人、心配無用!

 

その方以外にも、

あなたの作業を受注したいと、

 

考えている優秀なスタッフ様が

大勢待っています。

 

交渉2_R

 

ただ、どんな断り方を

すればいいか分からない方は

 

 

下記のような

断り方をしてみましょう。

 

 

 

例えば、

 

「記事作成を400文字=140円で

依頼していた時に、スタッフさんから

400文字=200円でないと受注できません」

 

 

とメッセージが来たとします。

 

 

こんな時はどうするかというと。

 

正直に、

「当案件は設定している


報酬単価を変更することは

できませんので、何卒ご了承ください。」

 

 

 

という感じに断れば大丈夫です。

 

 

そして、

先ほど、言ったように

提示した案件で納得してくれる

スタッフ様を見つけていきましょう。

 

 

※ちなみに、クラウドワークスで

優秀なスタッフを効率よく

見つける方法を知りたい人は、

 

 

ページ下にあるコピロボレッスン講座に

登録して頂ければ、優秀なスタッフを

 

効率よく探すための方法を記載した

マニュアルを無料でプレセントしていますので、

ぜひ活用してくださいね!

 

 

 

また、メールレッスンは簡単に

解除できますので安心してご利用ください^^

 

 

 

さて、本題に戻りますが、

他のスタッフ様を探すほうが、

断然、依頼する効率もよく、

 

出費も抑えることにも繋がります。


 

 

当然ですが、外注すると

自分で作業する時間が減る反面、

 

 

 

費用がかかるので、

費用を最小限に抑えるためにも

 

案件の依頼時の判断はしっかりと

行いましょう。

 

 

 

ただ、

案件受注の反応を高めたい、

品質の記事コンテンツが欲しい。

といった場合は、

 

依頼するときの案件単価を

上げることは有効な手だと

いうことも覚えといてください。

 

 

 

~まとめ~

 

初めて外注化に取り組む人は、

提示した報酬に単価を、

上げる交渉を受けた場合、

他のスタッフ様を見つけること。

 

 

 

外注化に慣れれば、

記事内容の向上&受注効率向上

 

目的に単価を上げて依頼しても

良いということ。

 

単価交渉を受けた場合に

参考にして頂ければと思います。

Mr.F

 

 メール講座



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です