外注が失敗した記事を上手に処理をする方法!

作成
 

世界一わかりやすい

“アフィリエイト外注化”の

スペシャリスト清水です。

 

 

 

今日は、

スタッフさんが失敗した記事作成を

どのように処理をしていけばいいのか、

お話しをしていきます。

 

 

 

クラウドワークスでは、

 

納品された記事が

納得いかなかった場合であっても

リスクを0にすることが可能です。

 

 

 

その理由は、

発注者側から納品時に

スタッフさんに再納品を

指示することができるためです。

 

 

 

では、

その失敗した記事を納品された時の

対処方法をお教えします。

 

 

 

まず、
クラウドワークスでは、

記事を納品をされたときに、

 

 

検収完了or再度納品

 

 

してもらうのかを選択することができます。

 

 

なので、再度納品を選択し

あなたの納得いくような

記事を再度書いてもらいましょう。

 

 

 

ここで、

再度納品をして頂くことを

ためらう方もおられますが大丈夫です。

 

 

 

それは、

クラウドワークスで案件を依頼した際に、

お互いに契約を交わしているためです。

 

 

 

さらに、こちらも仮払いとして

料金を払える準備を明確化しているわけですから、

 

 

その対価として、

きちんとした納品物が

できていないということは

 

納得のいく納品物ができるまで、

遠慮せずにスタッフさんに

 

 

「もっとこうして欲しい」という

 

 

指示をしましょう。

 

 

 

あと、納品が終了して

次回の案件を依頼する際は

その納品が遅れたスタッフさん以外の方に

案件を依頼しましょう。

 

 

 

あなたが作業する時間を減らすための外注化なのに

スタッフさんに対応する時間を取られるのは、

 

 

言語道断です。

 

 

ここはしっかりと意識しておいてくださいね!

 

 

 

もし、クラウドワークスで優秀な外注さんを

まだ、見つけられていないなら、

すぐに優秀なスタッフを

 

 

見つけられる方法を解説した

【わずか30分で外注を雇える!

“超簡単”クラウドワークスの使い方。】

手に入れてくださいね^^

 

 

 

あなたが、外注化マスターになることを

心から願っております。


メール講座