外注さんに指導する記事の書き方

 

9fd852ea5d3d7092d9bfcff1b6761e53

いくらお金を払っているからって
なんでもかんでも、

注文をつけては外注さんも嫌がります。

 

 

 

ましてや、外注さんのほとんどは、
アフィリエイトってことを知りません。

 

 

 

文章をアフィリエイト用で

作成してほしいと
言っても全くどう作成して

良いか分かりません。

 

 

 

なので、外注さんに

記事を書いてもらうときは
はじめは・・

 

 

 

「単純な記事」を

書いてもらいましょう。

 

 

 

つまりサテライトのような

露出の少ない記事です。

 

 
・・でどういう風に

指導したら良いのか?

 

 

 

「初心者でも確実に

できることをしてもらう」

 

 

 

このように指導するのが良いです。

先ほども言いましたが、

外注さんはアフィリエイトの


”ア”の文字も知らない人
がほとんです。

 

 

 

例え記事作成の経験があっても、

アフィリエイトの
記事に置き換えると

あまり良い記事とは言えない
記事を書く人も多いです。

 

 

 

だから、

あまりややこしいことは言わずに
シンプルな記事の書き方を

教えていく方が良いです。

 

 

 

・・で私が言っているのが

 

①何が言いたいのか?(結論)

②その理由・根拠は?(過程)

③どうすればよいのか?(提示・誘導)

 

これを守って記事を書いて下さいと・・

 

 

 
一見難しいようですが

そうでもありません。

例えばダイエットサプリメントの

効果の記事を書くとします。

 

 

 

①このサプリメントは、

飲むだけで痩せる(主張)

 

②それは、●●という成分が

入っているからで(過程)

 

③まずは、試してみることが

大事です(提示・誘導)

 

 

 

というような感じです。

 

①の主張と②の過程は

販売サイトからのリライトで
OKなので、初心者も書きやすいですよね。

③は少し自身で考えてもらう

必要はありますが、

慣れたらパターン化できるので、

 

 

さほど難しくはありません。

 

とにかく外注さんに

記事を書いてもらうときは、

 
シンプルな感じで任せる方が良いですよ。

 

 メール講座