アフィリエイト外注に関する源泉徴収は必要か!?

calculator-385506_640 (1)
 

 

世界一わかりやすい

“アフィリエイト外注化”の

スペシャリスト助手のMr.Fです。

 

今日は、アフィリエイトを外注する際に、

よく質問を頂く、“源泉徴収”について

お話したいと思います。

 

 

少々難しい話になるので、

例を交えながら紹介しますね~

 

 

例えば、

『WEBサイトでアフィリエイト』

をしていたとします。

 
そこで、

 

サイトの記事やサイト作成を

SOHOのライターさんに

作業を依頼します。

 

 

この流れは、

従業員に作業を依頼したのではなく、

単発で仕事を外注さんに依頼する形です。

 

これを『業務委託』と言います。
この場合であれば、

基本的に源泉徴収を

取らなくても構いません。

 

okane
 

そもそも、源泉徴収を

取るべき人は決まっています。

 

 

○法人の方

○個人事業主で給与を支払している方

 

 

上記に依頼者が当てはまれなければ、

源泉徴収をする必要ではありません。

 

 

ただ、法人化をしている
アフィリエイターの方は、

 

源泉徴収が必要になる
場合もありますので、

 

ご自身で判断できない場合は、

 

専門家(税理士)の方に
相談するほうが良いです。

 

 

あと、クラウドワークスで
外注を依頼する場合ですが、

クラウドワークスで行う依頼は、

 

『依頼者⇒クラウドワークス⇒受注者』

 

という仲介のような形になっているため

 
依頼者は、クラウドワークスに
支払いをしている流れになっています。

 

 

本来であれば、受注者側の

源泉徴収は、クラウドワークスが
受注者側に支払うという形になるようです。

 

 

※ただし、案件依頼時に外注さんから
源泉徴収の依頼をされた場合もありますので、
その際は、きちんと対応をしましょう。

 

 

~本日のまとめ~

 

源泉徴収が必要な人

 

・法人の方

・個人事業主で給与を支払している方

 

源泉徴収が必要な場合

 

・必ず専門家に相談をする。

 

 

・クラウドワークスを使用する場合

源泉徴収の支払い義務は

クラウドワークスの方にある。

 
基本的に、個人事業主で1人

アフィリエイトをしている方は、

 

 

源泉徴収をすることが
少ないと思いますので、

 

 

クラウドワークスで、
安心して依頼をすることができますよ。

 

 

法人化をした際に、
専門家の方と話し合いながら
外注をするんだ。

 

 

という流れで覚えておきましょう。
では!
Mr.F

 

 

 メール講座



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です